categories

楽天人気商品

アクセスの多いページ

ブログパーツ

月別アーカイブ

リンク

アジェンダの党ってなんですか?選挙、みんなの党の渡辺代表発言の意味

投稿した日
2010.07.12 Monday
この記事へのコメント
comments(0)
この記事へのトラックバック
trackbacks(0)
選挙のお話。
みんなの党の渡辺喜美代表の会見やテレビ番組のインタビュー・討論などで連発していたこの「アジェンダ」ってどうゆう意味か?

一般企業などでよく使われてるのは「会議の議題」の事です。
「次のミーティングのアジェンダは●●です。」のように、その話し合う議題や課題の内容だったり日程だったりの意味でよく使われます。


政治的な意味では「検討課題」「行動計画」が該当するようです。

アジェンダの党って事は、「計画して行動する党」って事でしょうか。


「覚えたての新語を使ってみたい」的な印象を受けましたが、会社では数年前からよく使われ始めている比較的古い言葉の上、複数の意味を持つこの言葉をなぜ今頃多用しているのかが謎に感じました。

今回の発言にはありませんでしたが、「ローンチ」や「マター」それと今回の発言「アジェンダ」など、まだ一般に普及・浸透していない言葉を使うべきではないと感じます。

難しい言葉を使って「何かわからないけどすごい」と思わせるのではなく、国民にわかりやすく説明して欲しいものですね。

しかし、グーグルトレンド(急上昇ワード)のランキングにもこのワードがランクインしていたので、ある意味注目を集めて党の知名度も上がりますし、この発言は正解なのかもわかりません(もう投票完了しちゃってますが)。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック