categories

楽天人気商品

アクセスの多いページ

ブログパーツ

月別アーカイブ

リンク

SEOテストの結果:記事にスパムテキストがあっても4件までのスパムコメントがあっても順位に変化なし

投稿した日
2010.09.25 Saturday
この記事へのコメント
comments(0)
この記事へのトラックバック
trackbacks(0)
約1ヶ月間SEOのテストしてみた内容のまとめです。

概要
以前スパムコメントを記事にコピペしたところ、ずっと1位だったワード「勝手ニュース」での検索順位がその直後に50位以下に下落した事が何度かあり、その度にその記事を削除しその後順位が復活。本当にスパム記事が原因なのか実験することを決めました。
実験内容
記事に拾ってきたスパムコメントを書き放置。また、新たなスパムコメントがあってもそれも消去せずに放置し、「勝手ニュース」のグーグルでの順位変動を見る。
いままでの流れ
スパムコメントについての記事を書いたら検索順位が下がるようです。 スパムコメントの内容を記事に書くとSEOに影響(順位が下がるか)があるのか実験開始します
実験内容
この記事・拾ってきたスパムコメントをコピペしたものを書いて1ヶ月何もせず放置し、その間毎日「勝手ニュース」でのグーグル順位を観察する。
結果
スパム記事投稿日:8月17日、完了9月25日 その間にあったスパムコメント:4件。 順位変動:なし
順位変動は結局ありませんでした。
前に何度かあったのにな…。


スパムコメントに関しては、放置しておくと順位に影響があることはアメリカグーグルのマット・カッツ氏がそれを匂わすコメントをしているので間違いなさそうですが、今回のように4件程度では影響はないようです。
ただしサイト名「勝手ニュース」では順位は変わりませんが、他のスモールワードでは変化しているかもしれません。
今思うのはもっと他のワードでも順位の変化を見ておくべきだったなと思いましたが、毎日複数ワードをチェックする時間が取れなかったもので…
いい順位チェックツール見つけたらまた今度実験してみようと思います。

なおスパムコメントのほとんどが大阪から発信されているとの情報を聞いたので、このブログに投稿されたスパムコメントの統計を取っています。
それがこちらスパムコメントの統計

実験終了したので、また今日から普段通り記事を書いていこうと思います。
数少ない読者の方には、ご迷惑かけてすみません。
今後ともよろしくお願いします。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック