categories

楽天人気商品

アクセスの多いページ

ブログパーツ

月別アーカイブ

リンク

スーパーやデパートで見かける「グロサリー」とホームページで見かける「グロサリー」

投稿した日
2010.09.29 Wednesday
この記事へのコメント
comments(0)
この記事へのトラックバック
trackbacks(0)
  1. 日常生活や外出先で見かける「グロサリー」
  2. ネットをしていてホームページで見かける「グロサリー」
同じグロサリーでも全く意味が違うこれらの用語の意味をまとめました。


1.英語表記は「grocery

食料品・生活雑貨・日用品など、生活に必要な物を総称したものです。

また、それらを扱うお店をそう読んだりします。

スーパーやデパートなどでの求人情報などで「グロサリー部門」や「グロサリー担当者」などの表現を見かけますね。

他の表記として「グローサリー」や「グロウサリー」とされる場合もあります。


2.英語表記は「glossary

ホームページ上のコンテンツにあるグロサリーは、用語集・用語解説を意味します。

他の表記として「グロッサリー」とも。
前後の記事

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック