categories

楽天人気商品

アクセスの多いページ

ブログパーツ

月別アーカイブ

リンク

来年の「あけおめ」は、電話とメールの他にツイッターの「あけおめツイート」が入ってきそう。

投稿した日
2010.12.21 Tuesday
この記事へのコメント
comments(1)
この記事へのトラックバック
trackbacks(0)
今はまだまったく話題になってませんが、クリスマスを過ぎたあたりから話題になる「あけおめ」関連について考えてみました。

携帯電話で行う「あけおめコール」や、携帯メールで行う「あけおめメール」そして今年から登場しそうな「あけおめツイート」など通信関係のお話です。

「あけおめ」は「明けましておめでとうございます」の略ですが、携帯電話の普及と共に毎年1月1日午前0時あたりに携帯電話での『あけおめコール』が急増して、電話回線がパンクする事態になります。
ここ何年かは、NTTやAU・ソフトバンクなど大手電話会社ではこれの対策がされていて大規模な回線パンク状態にはなってませんが、何分かは通話不能になるなど発信が制限されたりなどがあります。

そして電話だけでなくメール。
こちらも元旦付近に集中して送信されるため、制限が入ったり相手にメールが遅れて届いたりします。 この「あけおめメール」も最近では大規模なトラブルはなくなっています。


そして今年問題(と勝手に予想)だと思われるのが、ツイッター(Twitter)。
今年大流行したツイッターは、テレビなんかでは「ミニブログ」などと紹介されているサイトで、ユーザーが「つぶやき」を投稿するサイトです。

このツイッターはサービス自体は数年前からあったものの、昨年と今年で大幅にユーザーを増やしています。

今年の元旦にはまだユーザーが少ないせいか、サーバーダウンはなかったと記憶していますが、来年2011年の「あけおめツイート」(ツイッターに投稿する事をツイートと言います)の膨大なトラフィックに耐えられるのかどうか、そして「あけおめコール」や「あけおめメール」のような膨大な数の「あけおめツイート」が行われるのか、それとも意外と年が明けた瞬間はツイッターやってる人が少ないのか、どうなるかはまだわかりませんがとても興味深いです。

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/12/24 1:53 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック