categories

楽天人気商品

アクセスの多いページ

ブログパーツ

月別アーカイブ

リンク

僕がやったタバコの止め方と喫煙後の感想

投稿した日
2011.02.08 Tuesday
この記事へのコメント
comments(0)
この記事へのトラックバック
trackbacks(0)
昨年2010年の10月に行われたタバコの値上げから早4ヶ月。

自分の周りでは、あまり増税を気にせず吸い続けている人ばかりですが、みなさんはどうでしょうか。

自分は昨年の2月から禁煙を始めて約1年ではありますが、禁煙を続けることができたので、ざっと今までの流れと禁煙してからの体調について書いてみます。

簡単に喫煙歴から。
タバコを吸い始めたのは約8年前からで、きっかけは大学のときに先輩が吸っているのを見てからです。
最初は1日5本ほどしか吸いませんでしたが、毎年1日に吸う本数が増え、だいたい25本位に落ち着きました。
なお吸っていたのはセブンスターです。
何度かの禁煙失敗
趣味でいくつかのスポーツをやっているので(パワーと体力必要な)、過去になんどか禁煙しようと試みたことがありました。
最初は1日とか2日で終わる事が何度かあり、あまりの短さに猛反省しその後の禁煙挑戦は1週間・2週間と吸わない日を延ばすことは出来ましたが、結局成功することはありませんでした。合計すると禁煙に挑戦したのは10回くらいになるでしょうか、本当にやめられない人間でした。
昨年の禁煙のきっかけ
上記の通り、何度か失敗しましたが昨年2月からはじめた禁煙は約1年の続いています。
どんな決意でどんなきっかけがあったかといえば、実は特にありません。
何度か失敗した時と変わらない意気込みで臨みましたが、なぜか続きました。
禁煙中のつらさ
やはり「吸いたい」という気持ちを抑えるのは非常に困難でした。
まず1日目はなんとか我慢が続きますが、次の日の朝一と食後の時間帯に悪魔が囁きます。
いつも食後にコーヒーを飲みながら一服していたので、コーヒーを止めゼロカロリーの炭酸飲料を飲むようにしました。
なぜ炭酸かというと、僕の場合は口への刺激とお腹が膨らむ満腹感があって気を紛らわすことが出来たからです。
なんとかこれで1週間経過すると、あまり煙を吸いたいとは思わなくなります。
しかし、今度は手持ちぶたさの悪魔がささやくようになります。
炭酸飲料では満足しなくなり、何か他の事「タバコを吸う行為・行動」の欲求が出てきました。
ここは、外に行って空気を吸ったり人と話すことで気を紛らわします。
そうしていると、もう1ヶ月続きました。しかしまだ人がタバコを吸っている姿やテレビで吸っているのを見ると、吸いたい願望がよみがえってきたりします。
2ヶ月目になると、タバコの煙が臭く感じてきます。ここでもう吸わないだろうと気を緩めると失敗します。
3ヶ月目、もうタバコの煙は不愉快な気分になってきます。
あとはもう月に1度くる「煙は臭いけどなぜか一瞬吸いたくなる」気分を我慢すればOK。
いままで数ヶ月耐えてきたのなら簡単です。
禁煙に使った道具は?
パッチや電子タバコなどの禁煙補助ツールは一切使いませんでした。
しかし、手持ちぶたさを抑えるのが結構難しく、何度も買おうかと迷いました。
禁煙後の体調について
よく禁煙すると太るといいますが、それ本当です(笑)。
特に禁煙から2ヶ月までが僕の場合はピークで、めちゃめちゃ食うようになりました。
4ヶ月くらいすると落ち着いてはきますが、禁煙前よりは食べているような気がします。
そして確実に改善がわかったのは、セキが出なくなること。
いつもなにもしていないのに喉にタンがつまり、セキをしていましたが、もうそんな事はありません。
あとスポーツにはタバコが不利と実感。

大雑把ですがこんな感じです。

それと、まだ1年ぽっちしか続いていませんが、今思うことをいくつか。
  • 過度な禁煙への意気込みは不要です。肩の力を抜いて禁煙にチャレンジです。
  • ニコチンとタールを肺に残すためにこれからもあなたは1箱400円払いますか?
  • 喫煙者の不健康そうなセキ声を聞いてみて下さい。喫煙を続ければあなたもいずれそうなるんです。
  • 僕自身は根性でどうにかなるものだと思っていますが、やはり喫煙は病気です。どうしてもやめられない場合は禁煙外来に行きましょう。
  • 何度も失敗している僕ができるんです。誰でも禁煙できます。
以上、上から目線失礼しました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック