categories

楽天人気商品

アクセスの多いページ

ブログパーツ

月別アーカイブ

リンク

ダイエット効果もあり 「飲む野菜」マテ茶とは

投稿した日
2009.10.25 Sunday
この記事へのコメント
comments(0)
この記事へのトラックバック
trackbacks(0)
今日放送の「世界の果てまでイッテQ!」で、イモトアヤコさんのコーナーがアルゼンチンの旅でした。
そこで紹介されていたのがマテ茶。
アルゼンチンでは牛の数が人口より多く、とても安価で売られているらしく(紹介VTRでは日本の25/1の価格)、食事は牛肉中心で野菜はあまり摂取しないとのこと。どこで補っているかというと「マテ茶」を飲むのだそうです。


飲みたくなっていたので、調べてみました。
アルゼンチン共和国大使館によると
マテ茶は日本人にとっての緑茶のように、アルゼンチンの人たちにとってなくてはならない生活に密着したお茶です。鉄分やビタミンが豊富で「飲む野菜」ともいわれています。効用として疲れをとる、滋養強壮、 集中力を高める、などがあげられます。また、食欲を押さえる効果があるため、ダイエットにも効果があります。さらに、 利尿作用にもすぐれているため、体内の浄化作用が促進されます。
日本マテ茶協会なるサイトもありました。

http://www.matecha-kyokai.jp/

そこの情報によると栄養成分はこうです
 マテ茶ウーロン茶杜仲茶
カルシウム17.1mg0.6mg2.2mg
マグネシウム13.0mg1.09mg0.59mg
亜鉛0.82ppm0.26ppm0
鉄分0.59mg0.03mg0.02mg
食物繊維0.9%00

他のお茶と比べて群を抜いて栄養成分が高いのはわかりますが、注目したのは「食物繊維」。
女性に多い悩み便秘に効果的です。食物繊維のサプリやケロッグのオールブランがあるように日本人摂取量が年々減少している食物繊維がお茶から捕れるのはうれしい限り。
ただ他のお茶と比べるとかなり少ないながらもカフェイン・タンニンが少量含まれているので、妊婦さんは多量に飲まない方がいいようです。

楽天に送料込みでお試し100円マテ茶があったので、早速ポイントで購入しました。


効果としては疲労回復、健胃・整腸作用、肥満の防止、二日酔いの改善等。
飲み方は伝統的な方法ではグァンボ(カップ)とボンビージャ(ストロー)を使います。


【1】まずカップに6〜7分目までマテ茶を入れて、グァンボを手でふさいで斜めにして軽く振ります(細かい茶葉を上に移動させてボンビージャが詰まるのを防ぎます)
【2】70〜80度のお湯を注ぐ(先に水を2分目位入れておいてから熱湯を注ぐ方法もあるようです)
【3】ボンビージャを挿してゆっくり飲む
砂糖や牛乳を加えて飲むのも人気があるそうです。


マテ茶容器セット


日本ではティーバッグに入ったマテ茶が主流のようです。
こちらも沸騰したお湯ではなく70〜80度のお湯を使いますが、水出しでもできるので冷蔵庫に1晩おけばOK。
沸騰したお湯や高温で長く漬しておくと苦味がでるようです。


マテ茶一覧
マテ茶

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック