categories

楽天人気商品

アクセスの多いページ

ブログパーツ

月別アーカイブ

リンク

最近宮崎県で発生して問題になってる口蹄疫(こうていえき)って?症状とか諸々

投稿した日
2010.05.25 Tuesday
この記事へのコメント
comments(0)
この記事へのトラックバック
trackbacks(0)
何年か前にあったBSE問題(狂牛病)。こちらは牛が発症して震え・痙攣とかで立てなく映像が流れたりして、それは怖い病気だとわかりました。また人間がその肉を食べると危険との報道もあり大きな社会問題にもなりました。

今回報道されている口蹄疫ですが、宮崎県や全国の畜産関係者・一般消費者にも大きな問題になっていて特に宮崎県知事はじめ多くの方が苦労されているのがわかりますが、今ひとつどんな病気でどんな症状なのかが報道されていないように感じたので調べてみました。


まずこの口蹄疫、英語では「foot-and-mouth disease」通称FMDと呼ばれ、日本だけでなく毎年世界中で発生しているそう。

動物衛生研究所によると、牛・豚・山羊などの家畜をはじめ野生動物、偶蹄目(ウシ目)のほとんど、が感染し発病すると口、蹄及び乳房周辺の皮膚や粘膜に水疱が形成されるとのこと。

致死率は幼畜で50%を超える事もあり、成畜だと数%と幼畜に比べ低くなっています。しかしその感染力がもの凄く、発病後の発育障害・運動障害・泌乳障害で家畜の価値が失われ、経済被害はきわめて大きいものになります。そのため畜産関係者に最も恐れられている病気の1つになっているそうです。

参考サイト

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック